2017-10-21 15:39

図書館見学レポート(荒川区立第九中学校図書館)

投稿者:fumie

10月13日(金)に荒川区立第九中学校の学校図書館の見学をさせていただきました。
同日に参加した「講演会」のレポートについては別ページをご覧ください。(読書講演会レポート

 

学校図書館は校内の奥の方や、角にあるイメージがあります。
第九中学校の図書館も同様でしたが、図書館入り口の掲示物に圧倒されました。

先生がひとりひとりお勧めの本を持っている写真がズラッと並び、その横に本が展示されています!
多くの学校の図書館を見てきたわけではありませんが、生徒のお勧めはあっても、先生がここまでされているのは初めて見ました。
さらにこの本を展示するために使われているもの、なんだろう?と思ったら1リットルペットボトルを切って加工したものなんですね!今後の参考にさせていただきます。

図書館の中に入ると、カウンターにも本がずらり。
後ろには過去、講演会に登壇された作家のサインが飾られているのが見えます。

また、講演会に合わせて司書が頑張って集めた、いとうさんの著作がズラッと並んだテーブルが。
生徒が書いたという立派なポスターもあり、思わず写真を撮りました。
特別広い図書館ではありませんが、読書をするためのテーブルと椅子のスペースがしっかりと確保されている上、書架と書架の間にも余裕があり、窮屈に感じない良い図書館です。

書架には司書や生徒が書いたポップがたくさん付けられていてなんとも賑やか。
ホワイトボードにびっしりと貼られたポップは先日の授業で作ったものだそうで「苦手な子にも簡単にできるよう色紙を活用した」と教えていただきました。
ポップづくりはやらせる側からすると紙とペンだけでいいので準備も簡単ですが、得意な子と苦手な子の格差が顕著に出るので、実はとても難しいのです。素晴らしいアイデアだと思いました。

ポップだけでなく、鉱物の本の隣には本物の鉱物を置いたり「図書館で調べるコンクール」で生徒が書いたものをきちんと展示していたり、生徒に図書館を活用してもらうための努力がいたるところに見えます。

また、新聞切り抜き資料をしまう棚がありましたが、新聞の活用には学校全体で力を入れているそうで、毎日各教室に新聞を1部ずつ置いているのだそうです。スゴーイ!!
夏休みの宿題には「新聞記事のスクラップ」があり、廊下や空き教室に展示されていました。

そして、図書館に置かれた大きなモニター。
これは何?と疑問を口にすると「電子黒板」だと教えてもらいました。
図書館ではこれで検索方法などの実技を交えて指導するそうです。
全クラスに導入されていて、タブレット端末も使用しているとのことでした。
学校図書館では司書が常駐していない、図書担当(司書教諭)の先生がいても関与しないなどの問題もあると聞きますが、この第九中学校のように、司書をきちんと配置し、先生と連携を取って授業に活用している様子を見ると、教育の現場ではこれがあたり前であるべきだ、と強く思いました。
図書館の価値を高める努力を、今後も続けていきたいですね。

直接、校長先生にご挨拶できず残念でした。
校内撮影及び、写真を使用してのレポート掲載を快諾頂き、この報告をもってお礼に代えさせていただきます。
第九中学校のみなさま、ありがとうございました。

1件のコメント »

  1. […] 校司書のご厚意により、講演会後のいとうさんとの懇親会にも混ぜていただくことができ、図書館の見学もできましたので、こちらも合わせて報告いたします。(図書館見学記はこちら) […]

    ピンバック by げんきな図書館 » 荒川区立第九中学校 読書講演会・懇親会 レポート — 2017年10月21日 @ 3:40 PM

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

CAPTCHA